プレゼント

プレゼントしてみよう

手頃なものもある

子供

雛人形と言うと、昔はお嫁さん側の両親が用意することになっていました。現代でも、お嫁さん側の両親が孫にプレゼントすることが多くなっています。しかし、特にならわしに従わないという人も増えてきています。と言うのも、雛人形は随分と安価なものも増えてきたからです。昔は高級なものが多く、何段にもなっているものを贈ることになっていました。ところが、最近は出したりしまったりといった手間がかかることや、何段にもなっていると壊してしまった時に大変だということなどで、コンパクトなものが流行ってきています。ケースに入った状態で、お内裏様とお雛様だけというタイプが人気です。これなら、出したりしまったりといった手間もかかりません。

簡易的になる

少子高齢化にともない、一人の子どもに対するプレゼントは頻繁に行われるようになってきています。そのため、昔とは違って雛人形だけにお金をかけるということもなくなってきています。それほど、昔ながらの行事にこだわりを持っているという家庭も少くなってきていると言えます。そこで、今後は雛人形も簡易的なものが増えてくるかもしれません。現代でもケースに入ったコンパクトなものが主流となっていますが、今後はさらにコンパクトになることが予測できます。例えば、机の上に置けるようなミニサイズであったり、場合によってはキーホルダータイプなども出てくるかもしれません。形式にこだわらないのであれば、このようなコンパクトさの方が贈り物としても手軽で便利です。